ウォーターサーバーの選び方

subpage01

ウォーターサーバーの選び方のポイントは、以下のとおりです。まず、「ワンウェイ方式」の物を選ぶこと。

切手の情報ならお任せください。

ウォーターサーバーには、回収型のガロンボトルを使った「リターナブル方式」と使い捨てのボトルを使ったワンウェイ方式がありますが、ガロンボトルは給水する時に空気を取り込みやすいので、衛生面で問題があるのです。



一方、ワンウェイ方式だと水が空気に触れないので、安全性が高いですし、ガロンボトルと違って保管する手間もかかりません。

盗聴発見器について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

次に、ウォーターサーバーの水の種類には「天然水」と「RO水」がありますが、おすすめは天然水です。
RO水にも価格が安いというメリットがありますが、こちらはリターナブル方式の物であることが大半なので、上で述べた理由からあまりおすすめはできません。



そして、「ボトルのセットがしやすいか」ということも重要です。

今までに培ったノウハウを活かし、給湯器の工事の情報はココで集まります。

従来のボトルだと、12リットルの物を頭の高さまで持ち上げてセットしなければならなかったため、特に女性だとセットが困難でしたが、現在は7リットルくらいにまで軽量化されたボトルを使った物や、足元でセットできるようになっているサーバーもあります。

http://girlschannel.net/topics/167056/

ですから、とりあえずレンタルしてみて、セットしやすい物を選ぶとよいでしょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1477404549

また、一般的なサーバーだと月に1、000円ほどの電気代がかかりますが、省エネモードが搭載されたサーバーなら、電気代を50〜60%も削減することができるので、圧倒的にお得です。

http://news.livedoor.com/article/detail/12646060/

関連リンク

subpage02














ウォーターサーバーのメリットを知る

水道水は生活用水としては便利ですが、そのまま飲むとなると塩素の臭いも気になりますし、目には見えない有害な物質が気になるという人も少なくないものです。美味しい、安全な水を飲む方法としては浄水器の設置や市販の水を購入する方法もありますが、最近特に人気となっているのがウォーターサーバーです。...

NEXT
subpage03














ウォーターサーバーの活用

ウォーターサーバーの活用では、最近多くの企業が参入していて、それぞれに競争を激化させている現状があります。その中でサーバーの部分とボトルの部分に訳でボトルだけを購入と言った形で、サーバーはレンタルで業者が貸してくれる事となり、そのサーバーを無料で貸し出している業者もあったりする事で、サービスの差を図ったりしている様です。...

NEXT